健康な毛髪を育毛剤で育てる努力【薄毛に悩む女性が急増中】

男の人と女の人

脱毛と発毛の対策

メンズ

脱毛症の1つ

20〜30代の若い男性が脱毛して薄毛になる原因の1つに男性型脱毛症が挙げられます。男性型脱毛症は略してAGAと呼ばれており、近年はCMなどの影響から広く認知されるようになりました。AGAは40歳以降の男性にもみられる症状ですが、早い人では10代の後半から症状が始まる人もいます。脱毛は頭全体ではなく、前頭部や頭頂部の周辺にだけ起こります。脱毛が始まっている場所の頭髪は発毛しても成長できない状態になっています。成長できずに柔らかくてコシがなく、細くて短い頭髪が残るので禿げたように見えるのです。抜け毛が増えているのに何もしないまま放置していると症状は進行していき若ハゲのような状態になります。若ハゲを予防するには症状に気付いたらすぐにAGA治療を始める必要があります。

治療の種類

AGAは男性ホルモンと頭皮から出る酵素が原因と考えられています。体内に存在している男性ホルモンは酵素の影響を受けると脱毛ホルモンへと変わる性質を持っています。特に前頭部と頭頂部に存在している男性ホルモンは、酵素の影響を受けやすいため脱毛して薄毛になってしまうのです。脱毛の進行を止めたい時は、皮膚科やAGA治療専門クリニックなどで治療を受けることができます。クリニックではプロペシアやミノキシジルといった薬が処方されます。プロペシアは錠剤の飲み薬で酵素の分泌を抑制する働きがあり、男性ホルモンが脱毛ホルモンに変質するのを防ぎます。ミノキシジルは頭皮に塗って血行を促す外用薬です。血行を良くして毛根に栄養が行きわたるようにします。この他のAGA治療としては育毛メソセラピーやHARG療法があります。育毛セラピーは、ミノキシジルやプロペシアなどが配合された薬を頭皮に注入する方法です。頭皮へ直に注入するので頭皮の細胞の動きを活発にさせる効果があります。AGA治療は髪の毛を成長せる因子をつかって頭髪の成長を促すのがHARG療法です。